2018年12月07日

溜まっていたのでしょうA そして教訓


やはり、彼も溜まっていたと思います。

2018116夕方.JPG


ああ。
哀しい出来事です。

貴ノ岩関のことです。

やはり、溜まっていたものがあったと、
思います。

報道では
「自覚が足りない。
考えが甘い」
という指摘があります。

私的には、
「その人の話を聴いてくれる人がいたら」
と思うのです。

ただでさえ、ストレスが溜まる現代。

厳しい稽古と、
激しい競争。

ストレス、たまるでしょうね。

不安、焦り、イライラなどなど。

それを誰かに吐き出すことができれば、
そういう場があったら、
事態は変わっていたかもしれません。

さて、
組織のリーダーだったらどうします?

あなたの部下が、
後輩にパワハラやセクハラしているとしたら。

今回、親方や協会は
なんども「暴力はダメ」と伝え、指導していいたはずです。

それでも、起こってしまう。

今回の件から、
学ぶこと、
教訓を、
考えてみることもいいかもしれません。

それにしても、
貴乃花にまつわる事件が多すぎる。
「お祓い」してもらったら、
なんて思います。

そして、
貴ノ岩関は、
これからどうなる?
モンゴルへ帰れるの?

心配でもあります。


posted by suzumura at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記