2018年07月19日

「これまではうまくいっていた」は通用しない時代に


最近の事件から学ぶ

2018716青空鳥.JPG


猛暑が続いています。

熱中症指数も「危険」状態が続いていますね。

ちなみに危険とは
「高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。」
というもの。

正直、外出は避けたいですね。
外出するならエアコンをつけた自動車で。
室内も、もちろんエアコンつけっぱなしです。

官庁においてもこれまでは「エコ」「節電」と称し、
28度をキープしていましたが、
今年になって改善された職場もあるようですよ。
官庁の室内で熱中症を発症したら・・・?

あなたの職場はいかがですか?

働く人、特に会社員は大変です。
どんなに暑くても、
とにかく会社までたどり着かなくてはいけない。
営業員なら客先へ移動しなければならない。
生産現場なら、エアコンのない工場で
作業をしなければならない。
道路工事の人たちも、交通誘導の人たちも大変です。

いずれもしかるべき対策をしておられると思いますが、
皆様のご苦労、痛感いたしております。
お身体ご自愛ください。
自分の身は自分で守るしかない、のですから。


そんな中、
哀しく痛ましい事故が起こってしまいましたね。
地元、豊田市の梅坪で。
だから、他人事ではない。

暑い日が続いている7月17日に小学一年生が参加した「郊外学習」。
昆虫採集や草花取りをしたそうです。

報道によると、豊田市では最高気温が39.7度だったとか。
120人という大勢の小学一年生が、
集団になって和合公園まで歩いたのですね。
暑かったろうなあ、と思います。

そこで起こった事件。
・・・「熱中症になり救急車で搬送されたが無事だった」
という顛末ならば、と思います。

親御さんや親族のみなさん、ほんと無念でしょうね。
いたたまれない気持ちでいっぱいです。

・・・

ここでちょっと気になったのが
校長先生の
「昨年、一昨年とうまくやっていたという慢心に近いものがあった」
という言葉。

そうなんです!

これまではうまくやっていた。
無事に郊外学習を終え、児童たちも喜んでいた。
・・・だから今年もいいだろう・・・

でもいまや、
これまではよかったから、うまくいっていたから、
という判断がまったく効かない時代になった!
ということではないでしょうか。

豪雨といい、積雪といい、台風といい、猛暑といい、
気候は年々、確実に変化、悪化しています。

だから「これまで」は通用しない。

気候、天候に直結する行動は、
勇気をもって中止という判断も
必要になってきました。

そして、そんな気候、天候はもとより、
技術を筆頭に、経済、社会、そして政治においても
これまでが通用しない時代ではないでしょうか。

先日の日経新聞主催フォーラムでも
「これまでは通用しない」旨の講演がありました。
(詳細は後日)

そんな今だからこそ、
私たちは日常の小さな変化を見逃さず、
しっかりキャッチしながら、
早め早めの対策、準備、そして決断が必要です。

あなたはいま、
どんな変化の兆しを感じ取っていますか?
それは今後どのような影響を与えそうですか?
最悪の事態は何でしょう?
あなた自身やあなたのチームにとって・・・。

その変化に対応するために、
今、取るべき行動、やるべきことは何でしょう?

そんな「これまでが通用しない時代の到来」を
実感させられる事件でした。

ご冥福を、心よりお祈りいたします。

担任の方も・・・・




posted by suzumura at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる