2018年07月18日

すべては選択の結果だとしたら?


何を選ぶ?

2018718526.JPG

人生、いいこともわるいことも起こります。
納得いかないことも、心から喜べることも。
全体的にはよくない出来事の方が多いかもしれません。

もちろん、それらの多くは外部要因、
つまり周りの人々やとりまく環境に影響された結果といえます。

けれども、
私たちの人生は、
実はそれらのすべてに対し、
自分が何を選択するか、何を選ぶかにかかっているのです。

発生した出来事はどうすることもできない。
でも、その出来事をどう考えるかを選択するのは自分です。
そして次にどんな行動をとるのかを選択するのも自分なのです。

何を選ぶか?

どんな行動をするのか? どう行動したいのか? どんな行動をすべきなのか?
どう考えるのか? どう考えるべきなのか?
どんな捉え方をしたらいいのか? 自分は納得できるのか?
自分にとって意義あるものにするにはどう捉えたらいいのか?
自分が後悔しないためには、今どう行動すればいいのか?

すべては自分の選択の結果であると考えるなら、
私たちの人生は更に有意義で楽しく、ワクワク挑戦的なものに
なるのではないでしょうか?

今ここで
感情的になるか、冷静になってみるのか?
落ち込んでやけくそになるか、気を取り直して前を向くか?
あるいは、
ケーキを全部食べるか、少し残すか?
もう一杯のビールを飲み干すか、やめておくか?

選択することを意識する。

自分にとって、あるいは関係者にとって、
周囲にとって、チームにとって、
良い選択とは何なのかを、
考えてみませんか?

あなたの人生をさらに意味あるものにするために。